会計士の転職・キャリアアップの読みもの

公認会計士とUSCPAの情報サイト

大手監査法人と中堅監査法人を徹底比較!こんなに違うところがある!

私自身、大手監査法人の一角と中堅監査法人の一つで勤務していたことがあります。 同じ監査法人でも、大手とそれ以外だとかなり文化が違います。 今回は、大手と中堅以下の監査法人の違いを徹底的に比較してみたいと思います。 【スポ […]

この3つがあれば転職で引く手あまたな会計士。「英語」「金融知識」「インチャージ経験」

難関資格の会計士というだけで、転職市場価値は十分高いのですがそれでもプラスアルファのスキルがあると年収アップを転職先でゴリゴリに交渉できるぐらい最強になれます。 それが、英語と金融知識にインチャージ経験。 今回は、この会 […]

監査法人でアサインがなくなり社内失業?それなら辞めてしまえばいい!

監査法人では、基本はアサイン制なので自分のその日の仕事がない時があります。 これはある意味では楽なのですが、「あの人は現場で使えない」という風に思われるとどの現場からも敬遠されてアサインがなくなったりする社内失業状態にな […]

IFRSの強制適用時期という概念は消滅?すでに多くの企業が導入しているから

以前に、IFRSが2015年に強制適用されるという話題がありましたが結局なくなりそれ以降は適用時期などの話題は自然消滅になりましたね。 実際、もうこの話はでないんじゃないかと個人的には思っています。 今回は、日本企業のI […]

監査法人に入社したばかりの新人が行う業務。基本は単純作業だよ

難関の公認会計士試験に受かって、無事にBig4などの監査法人に入った新人たちは最初は2か月くらいみっちりと研修を受けることになります。 そして、その後は各現場に配属。 でも、最初の頃って試験でやったような内容とは程遠いル […]

監査からアドバイザリーへ。刺激的な仕事と高報酬が待っている現実的な転職

会計士として、監査業務にあたっていると「隣の芝が青く見える」ようになります。 中小だと、アドバイザリーとかの仕事も監査をしながら回ってくることもあるのですがBig4の場合はM&Aアドバイザリーとかの花形部門へ行き […]

監査法人への就職年齢について。20代までなら問題なく、30代は景気次第

監査法人の業績はクライアントありきなため、かなり景気動向に左右されるところがあるのですが最近は落ち着いてきましたね。 リーマンショック後の厳しい時は、「大学在学中に合格もしくは社会人経験3年以上」というのが暗黙の了解にな […]

公認会計士の恋愛事情と安定性。ぶっちゃけ結婚相手としてはどうなのか?

「公認会計士って世間から人気あるのかな?合コンとか婚活受けはどうなのかな?」 そんなプライベートでも輝く職業なのか、結構気になりませんか? また、会計士って本当に安定しているのかも気になりませんか? 今回は、会計士という […]

会計士の出張事情や頻度。国内や海外も含めて経験ベースで振り返ってみた

会計士になって、監査法人で働いていると出張というのがある程度は避けられないようになっています。 それは、部門やアサイン先によりますが国内だけでなく海外もあり得ます。 出張が好きというスタッフの人も結構いるので、ちょっと美 […]

監査法人で働いていて驚いたことベスト4!特殊な業界だからね!

監査法人って、本当に世間一般から見て特殊です。 それゆえに、一般の事業会社とは異なった驚くべき文化などがあったりします。 今回は、自分が監査法人で働いていて衝撃を受けたことを4つ(Big4にかけて)挙げてみます。 【スポ […]