会計士の転職・キャリアアップの読みもの

公認会計士とUSCPAの情報サイト

USCPAは独学で合格可能か?時間と費用が予備校よりも結果的にかかる!?

USCPAが独学で可能かどうかは、色んなところで議論されてることだと思います。 日本の公認会計士試験の場合は独学はまず不可能なのでこういう議論になることはないでしょう。 しかし、USCPAは日本の会計士試験に比べると易し […]

USCPAの予備校を比較。おすすめ校を合格者である自分が比べてみた

今回は、独学ではなくUSCPAの講座を提供している予備校についておすすめを比較して思ったことを書いています。 自分は、TACのBeckerコース(教材だけ購入して後はひたすら問題演習をする独学)を利用していたのですが、初 […]

監査法人よもやま話2。アメリカの話、調書の形式、ハンコとサイン等々

今回は、ちょっとした比較話をしています。 アメリカの会計事務所と日本の監査法人の採用方針の違いを最初、自分が知った時は結構新鮮でした。 また、紙調書と電子調書の比較や実務で誰もが必ず行うサインと押印(ハンコ)についても取 […]

監査法人での待遇(給与面以外)。BIG4の福利厚生や住宅手当はほとんどない?

監査法人での給与などの年収面については別の記事でお話ししました。 それ以外の待遇も気になるところですよね? 今回は、福利厚生等の給料以外での待遇についても気になるところだと思うので自分の把握している範囲でお話したいと思い […]

USCPA試験当日の流れ。合格率が3%上がる試験中の心構えとテクニックも伝授

USCPAの受験は同じ科目については3ヶ月に1度受けられるので、年に4回までの受験のチャンスがありますね。 日本の会計士試験と違い、年に1度の論文試験にすべてを賭けるような切羽詰まった感じほどではないと思いますし、今では […]

監査法人のリアルな年収。20代で1000万円はJCPAとUSCPAどっちでも稼げる

会計士になって監査法人で働くことを考える上で一番重要なのが年収・給料。 この業界、給与が一般の事業会社の社員に比べて、若いうちから比較的多くもらえるという特徴があります。 今回は、監査法人のリアルな年収についての話をして […]