一昔前に比べて、アメリカの公認会計士資格に対する世間の認知度は上昇しつつあります。

実際、日本の大学生の段階でUSCPAの受験を考えている人が増えているような印象をこのブログのコメントとかを見てると感じます。

なので今回は、大学在学中にUSCPA合格を目指すメリットと新卒で監査法人に就職することについて言及していきます。

グローバルな資格が認められる時代になってきている傾向がある

USCPAの資格自体は、アメリカのものなので日本で働く場合はライセンス取得によるメリットは特にないのですが「USCPAに合格した」という事実が日本の監査法人や会計関連の国際業務をするにあたって重要になってきます。

現在では、多くの大企業や有名企業がIFRSで決算書を公表しているところも数多くあるので時代としては日本でUSCPAの需要がますます高まっていく可能性は大いにあるでしょう。

JGAAPよりもUSGAAPの方がIFRSの会計処理に近い部分もあるので、USCPA合格者や資格保有者に対して転職エージェントが監査法人やコンサルティングファームと提携して積極的に説明会を開いている現状がUSCPAのかつてない盛り上がりを物語っています。

今後、日本の会計士合格者数はそれほど変わらずにUSCPAを狙う人や合格者が増えていくことが予想されますね。

日本の監査法人も英語力の高い人材を取りたがっている

日本の監査法人、ビッグ4だけでなく中堅の監査法人も急速にUSCPAの合格者やライセンスホルダーを採用して人数を増やしている状況です。

監査法人としては、やはり原則的には日本の会計士試験に合格した人材を採用するというのが規定路線になっていたのですがやはり会計士の集団の中にも得意分野をそれぞれ持つ多様な人材構成にしたいと考えている感じがあります。

監査法人やコンサルファーム側でもUSCPAの方が難易度は低く日本の会計士試験に比べると知識が浅いのはわかっているのですが、それでも多様性とクライアント企業のグローバル化を意識して会計知識深いだけの人材だけではなく多少の会計士知識を持ちながらも英語で業務遂行ができる人の割合を増やしたいというのが近年の採用活動で自分なりに感じていますね~。

昔はUSCPAというと、ものすごく珍しがられることもあったらしいですが今では会計業界では英語力を中心として幅広い能力を持っているということで評価されやすくなっている傾向があります。

若くてUSCPAを取得している人は、企業からしたらかなり宝の山

転職市場でもそんななので、大学生や大学を卒業したばかりの20代前半ぐらいの人たちがUSCPAに合格していたらどうでしょう?

これは間違いなく、監査法人やコンサルティングファームなどは放っておかないでしょうね。

また、投資銀行のバックオフィスなどでもかなり需要は高いという話は大学時代の友人で実際に投資銀行で働いている人からも聞いています。

日本の会計士試験と同様、在学中に合格していたら就職活動の際は外資系企業や監査法人など会計関連の仕事に関しての内定にはほぼ困らないのではないかというスペックを手にすることになることが一番のメリットでしょう。

在学中でなくとも、既卒で社会人経験がなくても25歳くらいまででUSCPAに合格していれば中途でのポテンシャル採用をされる可能性が非常に高くなります。

在学中に日本の会計士試験に合格した場合、ほぼ間違いなく監査法人などは採用しますよね。

それと同じようになってきてUSCPAも通常の監査法人の定期採用ルートとは違いますが、在学中合格の就活生を放っておくはずはないです!

また、卒業してから早めに合格している人も今の就職売り手市場ではかなりお声がかかることが多いのは間違いないでしょう。

ちょっと注意しておきたいこと

ということで、大学生や既卒の若い人がUSCPAに合格することによって得られるメリットは「監査法人だけでなく外資系など多方面の会計関連部署から注目される」ことになります。

仮に科目合格の段階だとしても、かなり評価してもらえるはずです。

ただ、JCPAの試験は昔あった受験制限が今は撤廃されて誰でも受験することができていましたがUSCPAの場合は在学中に受験をして合格するというのは結構レアケースです。

なぜかというと、USCPAの場合は受験要件がアメリカの出願州によっても違ってきており在学中に受験資格が与えられている州はかなり限られています。

ちなみに、アラスカ州やモンタナ州では4年制大学を卒業する前の段階でも一定の単位を満たしていれば在学中に受験をして合格を手にすることができるのでおススメです。

ちなみに、自分が大学生だった頃はバーモント州に出願して受験資格を得ることができました。

その時に在学中に合格をしていれば、ものすごいドヤ顔で就職活動ができたのですが残念ながらBECだけ合格して就職活動の準備に入ってしまったので在学中合格の優越感を味わうことができませんでした(笑)

当然、社会人の時よりも大学生の身分の方が勉強時間を確保する機会は多いかと思うので早めにUSCPAに目をつけて在学中受験のための出願州などもチェックしておいた方がいいですね。

USCPAに合格したら新卒で監査法人に就職できるのか?

さて、在学中にもしUSCPAに合格した場合に監査法人など会計事務所に就職できるのでしょうか?

結論から言うと、できます!

ただ、監査法人などは特に日本の会計士試験合格者のために定期採用(新卒)枠を設けているので通常のルートで応募することはあまり現実的ではないです。

そのため、中途採用枠から応募するという選択肢があります。

「中途採用??自分新卒ですけど」という声が聞こえてきそうですが、実際に監査法人の中途採用枠から応募して面接に呼ばれてBIG4に新卒で入社した人と話したことがありました。

しかも、その人はUSCPAは科目合格だったんですけど面接ではTOEICなどの英語力をアピールして入社までこぎつけたということなので「常識だけに捉われず応募している価値はある」と言えます。

USCPAに全科目合格していれば、グローバルな人材を求めている企業としてはなおさら中途採用枠でも取りたいというケースも多いでしょう。

また、もう一つのルートとしては海外の留学生向けの就活イベントに参加して新卒枠での内定を勝ち取るというのも実はかなりポピュラーになってきています。

有名なのは、ボストンキャリアフォーラムです。

毎年10月~11月頃にボストンで開催される有名企業・大企業が200社ほど日本から参加して3日間で面接から内定までが決まるスピーディーなイベントがあるのですが自分も以前に日本から参加してBIG4に内定をもらったことがあります。

大手監査法人4社はすべて毎年参加しています。

アメリカなど海外の留学生の参加者が大半なのですが、日本から参加している大学生も結構いるんですよね。

しかも、海外の留学生でBIG4に応募する人はまずUSCPAの試験に合格していないのでUSCPAに合格して日本から参加するとかなり目を引きます。

自分もそれで内定をゲットしました。

また、東京でも毎年6月~7月あたりに東京キャリアフォーラムも開催されているので海外新卒枠に日本の大学生が食い込むのは全然アリです!

大学在学中にUSCPAを取得すべき理由

もし、新卒で監査法人に就職しない場合でもUSCPAを在学中に取得することにはメリットしかありません。

まず、日本の会計士試験よりもUSCPAの方が3倍簡単なので大学の授業を取りながら資格取得を目指しやすいのです。

1年真面目に勉強すれば合格できますので、予備校など資格取得にかかる費用も日本の会計士よりも安く済みます。

英語力と会計力をアピールできるコスパの良い資格と言えるでしょう。

また、新卒で監査法人に就職しない場合でもUSCPAであれば事業会社の経理や財務職など色んな業界で大きなアピールになるのでとりあえず取得しておいて損はないです。

多くの会社がIFRSを適用するようになっているので、USCPA合格者の需要が高くなってきています。

また、USCPAは日本の会計士に比べて早く合格できるので若さを最大限利用しやすいという面もあります。

年齢を重ねる前に合格しやすいので、USCPAと若さを武器にして就職戦線に自信を持って突っ込むことができるのです。