監査法人は、昔は「古き良き時代」というのがあってそれこそ殿様商売的なこともあったのですが現在は残業がきつい部門やジョブというのも結構あります。

一般的に金融部や国際部などは残業ありきのスケジュールみたいになってますが、国内監査部でもクライアントによって終電まで・・・ということもあるみたいです。

今回は、監査法人の残業がきつい場合は事業会社へ転職してもいいのではないかという持論を展開したいと思います。

夜10時以降になっていても8割のスタッフが熱い議論を交わしている光景

以前に働いていた監査法人では、残業が当たり前の文化になっていたので定時は18時ぐらいだったんですけどその時間になって退社する人はほとんどいませんでした。

一部の監査アシスタントの方などは定時で帰るのが当たり前になっていましたけど、通常の監査スタッフやその上司なども含めて監査チーム全体として長時間と言われる残業を日常的にしていました。

で、自分のその文化に染まっていたというか染まらざるを得ない状況だったので22時くらいに退社するのが基本的な感じになっていましたね。

中堅監査法人にいた時や、銀行で働いていたときなどは日常的に夜10時まで残業なんてことはほとんどなかったので、その時間になっても8割以上の人が退社してなくて元気(?)に議論していたり調書作成していた人が多くて入社当時はかなり驚いていました(汗)

「大手の金融部ってどこもこんな感じなのか・・・?」という認識になりましたね。

国際部はどうしても、海外との時差の調整もありきついと言ってた

また、国際部に関しては自分は正式に配属された経験がないのですがやはり海外との数ある法人内の部門において一番海外提携事務所との連携が必要になってくる部門になるため終電まで仕事しているというのが当たり前という話を聞いたことがあります。

まあ、国際部にいた経験がないので具体的にどんな業務で長時間の残業が必要になっているかは推測の域をでないのですが監査法人の同期などの横のつながりでそういう話を聞いたのです。

結構、過労になって倒れそうになる人もいるそうです・・・・。

基本的にはUSGAAPやIFRSでの監査業務をしていると思うのですが海外との時差の関係もあって自分の作業は終えてるけどミーティングなどの関係で遅くまで待たなくてはいけない事情も多々あるのかもしれないですね。

上司やクライアントによっては国内監査事業部にいても安心できない

なので、上記のことから「金融部」と「国際部」が一般的には残業が当たり前で「きつい」と感じるのも国内事業部に所属している会計士の人たちよりも多いと思います。

ただ、最近は国内事業部でもIFRSやUSGAAPに関わることも十分にありますし、極端なことを言ってしまうと「クライアント単位」で長時間の残業をするかどうかが決まるので一概に「この部門だから残業が多い」という風にも言えない現実があるんですよね。

なので、国内事業部に所属している会計士の人でもこの記事を見ていて「いや、残業めっちゃ多いよ」という人もいると思うんですよ。

監査法人の部門分けなんて、結局は合併を繰り返した末に適当に部門を分けているところもあるのである意味では部門なんて関係ないとも言えるんですよね。

結局、残業なんてのは部門だったりクライアントだったり自分の上司との関係だったりで総合的に残業が決まったりするものだというのが個人的な感触なので、国内事業部にいてものんびり定時までが前提で監査業務をしていられる雰囲気ではないということもありますよね。

きつくて追い詰められてるなら、事業会社へ転職しちゃえば?

で、結局「金融部」「国際部」「国内監査事業部」のいわゆる監査業務をしている部門すべてが長時間労働になる可能性があるわけです。

なので、最終的に自分が言いたいことは「残業がきついなら、残業が少なそうな事業会社の財務や経理職に転職した方が良い」ということです。

監査法人の場合は、クライアントの意向によっても監査するこっち側の仕事量が決まってくる場合もあるので一般の事業会社の経理・財務職に比べると顧客サービスとなるので自分で残業量を決める裁量がないほど仕事が次から次へと降ってくる可能性もあります。

なので、自分は経理や財務職についてことはないのですが基本はクライアントとは直接かかわらない内部の業務になるので自分の裁量で残業するかどうか決めて仕事を終わらせることができることが多いかと思います。

なので、監査法人の仕事内容や労働時間がきついということであれば転職エージェントにまずは相談してみて事業会社の案件を探してみることをおススメします。

追い詰められて精神的に参るぐらいだったら、その組織からすぐに抜け出した方がいいということだけは個人的な体験から言わせていただきます。

まあ、自分の場合は追い詰められて退職したわけではないんですが長時間労働はやっぱりきついなというのは実感していたので今回の記事を書きました。

以上です!

会計士の転職支援サービス(無料)は以下の公式サイトから確認できます。
マイナビ会計士。まずはWEB無料登録

【スポンサードリンク】