USCPAの魅力

公認会計士の恋愛事情と安定性。ぶっちゃけ結婚相手としてはどうなのか?

「公認会計士って世間から人気あるのかな?合コンとか婚活受けはどうなのかな?」

そんなプライベートでも輝く職業なのか、結構気になりませんか?

また、会計士って本当に安定しているのかも気になりませんか?

今回は、会計士という職業の安定性とそれに伴う女性や世間からの評価について語ります。

会計士という職業は本当に安定しているのか?

医者、弁護士、そして公認会計士が日本の3大国家資格となっておりこれらの職業につくためには厳しい試験をパスしなければなりません。

そして、ひとたび難関試験にクリアして実務経験を数年ほど積めば「専門職」として社会的評価や転職などの市場価値が高い人材として認識されるようになります。

で、この認識は今でも通用するのでしょうか?

最近では、弁護士は昔と大きく様相が様変わりして司法試験に受かって司法修習を終えてもなかなか就職できず年収も300万円ぐらいな人たちも多くいると聞きます。

もちろん、稼いでいる弁護士の大体は4大法律事務所と言われる大手の弁護士事務所で企業法務などを担当している東大卒とかの限られた優秀な人材だけとも聞くようになりました。

医者はまだまだ安定していると思います。

そして、会計士の最近の安定性事情はどうでしょうか?

東芝の騒動などで、新日本やPWCなどが難しい判断に巻き込まれてしまい監査法人も安泰ではないのではないかという考えも少しはよぎりますよね。

実際、昔にBig4の一角だった中央青山が粉飾に積極的に加担していてそれが発端となり消滅してしまいました。

なので10年20年後が不安になることもあるかもしれません。

でも、個人的にはやっぱり会計士はまだまだ安定している職業だと強く思います。

なんだかんだでBig4は年功序列だから大丈夫

会計士の場合、主要な監査法人がすべてなくなってしまうことなど社会インフラの観点から見てあり得ないですしBig4はなんだかんだで年功序列なのでちょっと仕事ができないからってクビになることはまずないですしね。

仮に、Big4が色んな理由で消滅の危機に追い込まれたとしたらそれは「日本の企業の監査をするところがほぼなくなる」ということを意味するので金融庁とかの監督官庁などが破綻などはさせないでしょう。

一つの法人が傾くことはあるかもしれませんが、大手監査法人は常に複数生き残っていなければ「投資家の番人」がいなくなってしまい上場企業の決算を発表することができなくなり日本の経済が混乱してしまいます。

なので、中堅以下の監査法人は規模が小さく体力にも余裕はそこまでないので淘汰されてしまうこともあるかもしれませんがBig4という大きな組織は今後もずっと続いていくというのが自分の見方です。

まあ、万が一監査法人を離れても会計士の転職需要は果てしなく多いので仕事に困ることがないという意味でも安定しているでしょう。

医者や弁護士に比べると世間からの認知度は低いがプラス評価をもらえる

一方、医者や弁護士に比べると世間的な知名度は相当低いですよね。

医者や弁護士が何をやっている人たちかは、街頭インタビューで100人に聞けばほぼ全員ちゃんと答えられますよね。

でも、会計士の仕事内容を質問してみると・・ほとんど知らない!

「なんか堅実そう・・だよね」みたいな感じでものすごくふんわりとやんわりとしているというのが実情だと思います。

会計監査という仕事をしていることも知らないし、会計監査って何?ってな感じなわけでよく税理士がやっている仕事のことを会計士もやっていると思ってますよね。

まあ、そんな感じで仕事内容に関する認識はものすごく薄いんですが世間からは「難関資格に受かって安定している」と思われている堅い職業として色んな面でプラス評価にはなります。

「それなりに給料が良くて」「安定していて」「堅い感じの仕事をしているだな」

こんな感じのそこそこ良い認識をされているわけですよね。

実際、友人とか家族とかに聞いてみるとこんな感じでした(笑)

女性から積極的にモテるわけではないが、絶対にマイナスにはならない

で、公認会計士の恋愛事情についてですけどこれまた「すご~い!」とは言われることはないまでも「結婚相手としては問題ない」と思われている感じがします。

まあ、会計士の場合はやはり医者や弁護士と違ってB to Bなので知られていないのも当然。

でも、会計士が難しい資格というのは理解している人もいるようで、「会計事務所=手堅い」という印象を女性に与えることになるでしょう。

なので、会計士の職業として特別モテるという感じではありませんでしたが自分の経験上、少しだけ「彼氏・結婚相手に求める安定性」という意味では人気はあるかもしれませんね。

相手の親とかも、自分らの職業が会計士であることで結婚に反対する人なんかまずいないでしょうし(笑)

まとめると、「会計士はすべてが無難でマイナスになることは一切ない。安定もしているし女性からの評価も少し高い」

こんなところでしょうね。

会計士になって得はあっても損はないですよ~。

以上!

そこそこ良いスペックの男性と知り合いたい女性のためのパーティーは以下で確認できます。
上場企業・経営者との出会いパーティー【PREMIUM STATUS】

USCPA合格者数No.1
無料資料請求はWEB版ならすぐに閲覧可能!
USCPAを目指すならアビタス。
USCPA合格者数No.1はアビタス
WEBパンフレットならすぐに閲覧可!
無料資料請求する