今回は、監査する側とされる側の話を主にしていきます。

監査する側だって監査されるべきなのです。

また、監査法人と意外と混同しがちな会計検査院についてもちょっと触れています。

クライアントには上から目線になるな!

以前、とある事情で仕事とは全く関係ない某理事会を見学する機会がありました。

理事会では、理事長や副理事長、監事等の役割を持ってそれぞれの理事会メンバーが議題に沿って進行することになります。

その時は、結構理事会メンバー同士の議論が熱い感じになっていて結構目を見張るものがありました。

その際に、監事(監査役のような役割)の人が言った一言がとても印象的でした。

監事の人「私はみなさんを監査する立場です。あなたたちは監査される立場なのを覚えておいてください。」

その時、自分が感じたのは「あ~、やっぱり監査する立場の人って自分を他の人に比べて上の存在だと勘違いしてるんだな~」と。

クライアントに対して会計監査していて、まるで自分たちが上の立場になったような気になってしまう人が結構いると感じています。

特に監査法人に入所したばかりの新人はその傾向が強いかもしれません。

難関の公認会計士試験に受かって監査法人に入所して、担当するクライアントが色々と手配してくれたり「先生」とか呼ばれたりすると自分が偉くなったと勘違いする人がたまに出て来るんです。

実際、そういう態度でクライアントに失礼なことをしてクライアントの方から「あの人を外してくれ!」というお怒りのクレームがきたこともあるという話を聞いたことがありました。

実は、自分も監査法人に入りたての頃はちょっとクライアントの方に失礼な資料の求め方をしてしまったことがあり反省したのを覚えています。

クライアントの方にはちゃんと通常業務もあるということを理解せず、「監査なんだから、こっちが要求した資料はすぐ出してもらって当然だろう」という気持ちが潜在的にあったのだと思います・・・。

その時は、ちょっと電話口でクライアントの方にやんわりと注意されてしまいハッとしたのを忘れません。

それ以来、監査法人とクライアントは対等の関係であるということをちゃんと認識しながら業務することを忘れていません。

むしろ、大手企業とかになると高い監査報酬をもらっているので「クライアントはお客様」という風潮が強い気がします。

実際、今のクライアントは結構規模が大きいので監査契約を失わないようにパートナーやその他上司もクライアントに対する接し方については口を酸っぱくして我々スタッフに指導しています。

会計監査は相手の会計処理の間違いや粉飾を指摘する役割のため、監査する側を上と思ってしまうのはある意味で自然のことだと思います。

しかし、実際には対等の立場です。

自分たち監査法人は警察でも検察でも国税庁でもないのです。

あくまでもクライアントの協力と同意なしには監査をすることができないのです。

強制的に何かをさせることなんてできないのです。

接待されたり、先生と呼ばれたり、クライアントにちょっとよくされたりすると少し勘違いしてしまいそうになりますが、そこは報酬をクライアントからもらっているという事実を忘れないようにしましょう。

かといって、必要以上にへりくだる必要もないです。

こちらは監査をして、その対価として報酬をもらうという対等な関係ですから、「お客様は神様」みたいな目線までは必要ないと思いますが監査クライアントも顧客であるという認識を持って監査業務にあたるべきですね。

監査法人と会計検査院

監査法人と会計検査院。

これが結構ごっちゃになってる人がいたりします。

実際、監査法人で働いてても会計検査院っていったい何をやっているのかという疑問は常に抱いていました。

一般の人からしたら両者の違いなんてどうでもいいくらい同じようなもんだと認識されていることが多いようですけど、実態は全然違います。

簡単にいうと、監査法人は「民間企業を相手に監査」して会計検査院は「国を相手に監査する」ということです。

まあ、このくらいは「当然知ってるよ!」という人もいるかと思いますが、もう一つ大きな違いが。

それは、「会計検査院は予算の使途についてもチェックしている」ということです。

ここは我々監査法人とは大きな違いです。

監査法人の場合は、クライアント企業が自社の資産や資金をどう使おうと自由です。

それを監査法人が「こういう使い方をするべきですね~」なんて指摘することは一切ありません。

監査法人は、あくまでも財務状況に嘘や間違いがないかどうかだけを合理的に判定するだけであって、企業が無駄遣いしようがそれがちゃんと帳簿に記録されて会計処理もちゃんとしていれば全く問題ないです。

それこそ、キャバクラで役員が一晩で1000万円つかってもちゃんと正しく会計処理されてればOKです(笑)

それに対して、会計検査院は虚偽表示や間違いがないかどうかに加えて、「当初計画していた予算の使い方を実行しているか?無駄遣いしていないか?」というのをチェックするのです。

それはやはり、国の予算というのは国民から集めた税収が主な財源となっているから使い道や使い方に対して厳重なチェックをするのは当然ともいえますよね。

まあ、会計検査院がどのような監査手法を使っているのかは全く見当もつきませんが我々会計監査と少しは似通ったところがあるような気がします。

実際、会計検査院は期限付きで会計士を中途採用したりしますからね。

会計監査のノウハウというのは会計検査院でも生きるということだと思います。

また、もう一つ大きな違いとしては会計検査院は政府が運営するものであり、監査法人は民間企業であるという点です。

これはその業界を知っている人は当然だという感じなんですけど、一般の人からすると「法人」という名がつくので「独立行政法人」的な感じで政府が関わっていると思っている人が多いんですよね、これが。

まあ、監査法人は光に当たらない影の集団なので一般の人からしたら「?」ってな業界なんで仕方ないですけどね・・・。

監査法人も公認会計士協会と金融庁に監査される

監査法人は企業をクライアントとして会計監査を行う立場なのですが、監査法人も監査されることがあります。

半沢直樹で銀行が金融庁検査でいじめられる(?)のと同じように監査法人は金融庁から目をつけられています。

何か体制などに重大な欠陥があるときついお咎めを受けます。
ただ、メインで監査法人をチェックしているのは公認会計士協会による監査法人に対する監査です。

いわゆる「恐怖の協会レビュー」です。

自分たちがちゃんと一定のルールに従ってちゃんと企業を監査しているかどうかチェックしにくるわけです。

当然監査法人と名乗るすべての監査法人が一定の周期で協会レビューを受けることになります。

「君たちちゃんと厳格に監査やってるよね?」ってな具合に協会レビュー担当者が事務所に来て、自分たちが作成した監査調書をチェックするわけです。

そして、その監査調書がしっかりしていない、いわば雑な監査をしていると判断された場合、最悪業務停止命令が下されるのですから恐怖の協会レビューと言われるのです。

監査法人にとって「業務停止命令」、これほど怖いものはないのですよ。

かつてBig4の一角だった中央青山監査法人が解散になってしまったのはこの業務停止命令によるものですからね。

業務停止命令を受けている間はすべての監査クライアントを一旦手放さなきゃいけないわけです(非監査業務のクライアントはOK)。

そのため、一旦クライアントをすべて手放して他の監査法人に監査を受け持ってもらうことになるわけですから、業務停止が解けたあとにそのクライアントが戻ってくるとは限らないわけですよ。

ましてや、業務停止命令を受けた監査法人にクライアントが戻ってくるはずがない。

そういう図式でクライアントを失ってしまった中央青山は解散に追い込まれたわけですね。

なので、公認会計士協会によってレビューされることが事前に決まった法人は、各クライアントのインチャージに対してより正確な調書を作成したり手直しするように準備するのです。

直前まで、どの担当クライアントの調書がレビューされるのかがわからないのですから。

その法人が抱えているクライアントの調書をチェックしてたら永久にレビューは終わらないので、大体その年の話題になったクライアントとか規模とかでランダムに選んでいるみたいですけど、詳細は協会の人じゃないとわからないです。

まあ、協会レビューの年だけいつも以上に監査調書の作成に力を入れるっていうのはちょっと問題があると言われてしまうと痛いのですが(最初からちゃんとやっとけっていう話ですよね・・・)。

ただ大抵は細かいところを少し指摘されるぐらいで大丈夫なんですけど、協会レビューにあたったクライアントを担当しているインチャージの人へのプレッシャーは半端ないでしょうね。

自分も中堅監査法人時代に担当していたクライアントで、インチャージの人が「ここは絶対今年あたる!」って予想してて予め協会レビュー準備のためのスケジュールを抑えてましたからね(笑)

そして見事に(?)協会レビューの対象になって乗り切ったということがありました。

「万が一業務停止命令なんてことになったら・・・」なんて思わせる協会レビューは怖いので、これまたインチャージは大変だなと思うわけです。

【スポンサードリンク】