USCPAを知る

USCPAで監査法人に転職するにはTOEICと英会話力はどれだけ必要か?

USCPAに苦労して合格した後は、監査法人へ転職を希望する人は多いと思います。

そういった中で、USCPAで監査法人に転職または就職をする際は英会話スキルがビジネスレベルであることが絶対条件なのでしょうか?

これは、結論から言うと「必須ではない」です。

今回は、英会話力とTOEICについて持論を展開していきます。

USCPAが監査法人に転職するための英会話力について

英会話力については監査法人へ応募の際の「絶対条件」ではなく、あくまでも「あるととても望ましいスキル」だと個人的には捉えています。

ちなみに、ここで自分のいう英語力というのは、「会話能力」のことです。

英語のスキルは、読解能力、作文能力、スピーキング能力、リスニング能力の4つを総合して一般的には「英語力」として認識していると思います。

「全く英語が読めませ~ん、書けませ~ん」という人は論外ですが、USCPAに合格している人は少なくとも英文の読解能力や英文作成能力はある程度備わっているので、全く英語ができない人というのはいないと思います。

しかしながら、監査法人側がUSCPAを採用するメリットってなんでしょう?

それは、USCPAに合格する過程で培った英語力が求められるんじゃないでしょうか。

その「英語力」には読解や作文はもちろん、会話能力も期待されています。

事実、未経験で中堅監査法人へ転職した際は英語面接で会話能力を試されましたし、入社後は外国人との共同監査業務を行なったり、通訳的なこともやらされたりしたので監査法人側がUSCPAに対して「英会話能力」を大きく求めていることは間違いないと思います。

考えてみてください。

監査法人側がUSCPAに対して、会計知識のみを求めて積極的に採用すると思いますか?

会計知識だけなら、遥かに難関な日本の会計士試験に合格した人たちを採用した方がいいに決まってる!

USCPAは米国基準会計や一部IFRSの知識が身につくので、JCPAの知識とは若干の違いはありますが、それでもJCPAに比べて浅い会計知識のみのためにわざわざUSCPAを積極的に採用するとは思えない。

やはり、監査法人が我々USCPAに求めているのは、JCPAにはない英文会計の知識と、英会話も含めた英語力をセットで期待されているわけなのです。

Big4へ転職した際も、面接してくれた部門パートナーからは、「海外とのやりとりや英文資料等の理解などで監査チームに貢献して欲しい」と言われました。

そして実際に、海外のメンバーファームと主にメールでやりとりをしたり、たまに電話で話すこともありましたね~。

また、米国基準で監査をするにあたって、クライアントから入手した資料が大量の英文だったりすることも頻繁にあるので、そういう場面では自分たちUSCPAに業務が割り当てられたりします。

なので、監査法人への転職には英会話能力は「必須条件」ではないですけど、ほとんど必須条件に近いくらいの位置づけで募集をしているところもある。

ただ一方で、現在勤務している法人では英語力の活用を期待されて入社したにも関わらず、ほとんど英会話はしていない状態でもあります。

海外とのやりとりは時差があるため基本的にはメールで済ませますし、電話で話すのなんかも年に1~2回くらいしかないです。

なので、USCPAに求められる英語力としては、個人的な感覚では「英文読解能力」と「英文作成能力」の2つは絶対必須だと思いますが、英会話がほとんどできなくても業務はちゃんと遂行できちゃったりします。

まあ、これはどの程度の英語力を求めるかは法人次第と言ってしまえばそれまでですが。

そんなわけでなので、まとめると「USCPAに英文読解と英文作成能力は必須だが、英会話力に関しては法人にもよるが必須ではなく歓迎要件」。

こんなところでしょうか。

読解と作文は、USCPAに合格する過程で自然に向上しているので問題ないですよね。

なので、英会話が全くできなくてもUSCPAとして監査法人に入れる可能性は十分あります。

実際、自分がいた大手監査法人は英語面接はなかったですしね~(他の法人ではやってるところもある)。

後は、景気による!

また会計士が人手不足になったら、USCPA合格というだけで即採用の時代もやってくるかもしれませんね。

USCPAの勉強をするとTOEICの点数も上がる

USCPAに合格するために、PCで大量の問題演習をこなしていると、TOEICの点数も同時に上がります。

確実に効果はあります!

間違いない!

実際、自分がそうでした。

もちろん、USCPAにリスニングは出題されないので、リーディングのセクションでTOEICの点数が大きく上がります。

自分の場合、USCPAの勉強に集中している合間にTOEICを受けてみたら、前回受けたときよりも80点上がってました。

TOEICのための事前準備とか模擬試験とかは一切やってません。

USCPAの勉強を始めてからというものの、TOEICのリーディングセクションを解くスピードがものすごく早くなった!

USCPAの勉強を始める前にTOEICを受けた時は、リーディングセクションでは最速で解いてるつもりなのに時間が足りなくなって最後の方はほとんど勘で解答することが多かったぐらい切羽詰まっていました。

しかし、USCPAの受験生になってからは、TOEICのリーディングセクションの解答スピードが自然と上がっているのに驚きました。

いつも時間が足りなくなるはずの試験なのに、その時は10分ほど時間が余ったのです!

おかげで、一度解答した箇所で少し心配そうなところを再度見直す時間まで与えられました。

USCPAの問題演習をひたすらこなしていると、TOEICのリーディングセクションの点数も上がるという副産物も得ることができるんです。

なんでだろうとよく考えてみると、USCPAの問題とTOEICのリーディングの問題って、ちょっと似てるんですよね。

USCPAとTOEICに共通していることは、「比較的易しい英文を早く読んで理解すること」ですからね。

TOEICもUSCPAの問題も、それほど短すぎず長すぎずという文章量で、最速で文章を読んで解答するというところが大きく類似してますよね。

USCPAで問題演習をしていると、時間的制約から次から次へと問題と解説を早く読んで理解しなければいけないので、自然と英文を読むことに慣れて早く読めるようになってきます。

それに、何周も問題演習をこなしていると、文章のパターンも覚えてきて、読解能力が大幅に上がります。

それに、TOEICも出題されるジャンルが基本的にビジネスで使う英語なので、その点でもUSCPAと似ていますよね。

だから、「USCPAの問題演習をひたすらこなす=TOEICのリーディングの勉強をしている」という式がほぼ成り立つと自分の中では思っています。

USCPAを受験するような方は、TOEICを受験しようとする意識も比較的高いと思うので、USCPAに受かった直後とかに受験すれば、TOEICの点数は大きく上がると思いますよ。

USCPAだけで未経験で監査法人に転職できるのか?

USCPAは監査法人転職への最高のパスポートなんでしょうか?

答えは、ノーです。

USCPAに合格しているという事実だけでは、監査業務未経験で監査法人への転職はタイミングによりけりといったところでしょう。

USCPAに合格しているというのは、あくまでも監査法人へ転職するための前提条件であり持ってて当たり前のものです。

だから、よく言われるのは「USCPAに合格しただけじゃ未経験での転職は厳しい」という声です。

ただ、これは自分は同意しません。

自分は上記では「タイミングによりけり」と言いました。

これは、転職活動をするその年によるということです。

言い換えれば、その年が運良くUSCPA合格者にとって売り手市場ならば、それ以外にアピールする材料がなくても十分監査法人の内定が取れます。

この業界、ホントに極端でリーマン不況の頃は冬の時代とか言われててUSCPAホルダーだけの採用なんてまずないみたいな雰囲気だったんですけど、それ以降は売り手市場にかわり、Big4はどこも人手不足になっていました。

自分もそれにあやかったので(笑)

Big4のある一つは、人手が足りなすぎてリーマンショック後に退職させた人員を嘱託契約として再度雇ったという話も聞きました。

とにかくまあ、USCPAだけでは転職は難しいという声は半分正解で半分は不正解だと思ってます。

とにかくJCPAの数が足りなかった2000年前後なんか、USCPA合格者を大量に採用してたらしいですからね。

ほとんどフリーパス状態で。

なので、USCPAだけでも未経験で監査法人への転職は、タイミングがよければできます。

もちろん、USCPA以外にもアピールする材料があれば採用が厳しい時代でも十分チャンスはでてきます。

USCPA合格者数No.1
無料資料請求はWEB版ならすぐに閲覧可能!
USCPAを目指すならアビタス。
USCPA合格者数No.1はアビタス
WEBパンフレットならすぐに閲覧可!
無料資料請求する