USCPAの魅力

会計士のステータスって微妙な位置。何をしているかみんな知らないから

医者、弁護士、公認会計士って日本では3大国家資格なんて言われていて、難関ですごい資格のように世間では認知されているようですが・・。

実際に、医者と弁護士は誰でも何をしている人なのかパッと思い浮かべると思いますけど会計士になると「?」ってな感じの人がほとんどです。

今回は、会計士があまり日の目をみないことにまつわるちょっと笑える話をしましょう。

会計士が「経理」をする人のことだと思っていた姉

さすがにこれは、自分も驚きました(笑)

自分の中では、会計士がどんな仕事をしているのかわからない人が沢山いるという認識だったのですがさすがに会社で経理をしている人のことを会計士だと思ったようで・・。

もし、姉の話が現実となれば企業で働いている経理部の人たちはみんな公認会計士ということになりますね(笑)

でも、姉がそう思っていたということは多くの人も同じように思っている人も多いのかも!?

国家資格なので、いくらなんでも「それは知らなさすぎでしょ!」とつっこんでおきましたが。

国家資格であるということをそもそも知らない人がいる

ただ、この会計士資格というのが「国家試験のある国家資格」ということ自体を知らない人も結構いるんですよね。

以前に、ある看護師の方と短期入院中に仲良くなったことがあって「看護師の方って、看護学校出て国家試験までパスしないといけないので大変ですよね~」なんて自分が言ってたんですけど、その看護師の人は会計士に国家試験があるということを知らなかったみたいです。

「え?医者は国家試験があるのは知ってるよね?弁護士も知ってるよね?でも、会計士はなぜ?」

こんな思考回路が自分の中で思い浮かんでしまいました。

やはりあれですね、自分の業界に染まっているとそれ以外の業界について全く無頓着で本当に素人なくらい無知になっちゃいますね。

さすがに、公認会計士に試験があるのを知らないという人は少数派だとは思いますが自分の業界で頑張っている人は他の業界について無頓着なのは当たり前ですよね。

まあ、ここまで「会計士は3大国家資格の一つだ!」なんて自信たっぷりに自分は言ってますけど僕の場合は「USCPA」の方なんで国家資格としての会計士をもっと知って欲しいというこの切実な思いはちょっと空回りしている感はありますが(笑)

まあ、USCPAなんて周りに言った日にはそれこそもっと「????」なんでいちいち言わないですね。

「脱税の調査とかですか?」なんて言われる

会計士の悲哀として、これまたよく間違われるのが国税とか税務署との混同。

知り合ったばかりの人に、会計事務所で働いている(会計士とはわざわざ言ってない)ということを言っただけで「確定申告とか、そういうことをしているんですか?」と言われてしまったこともあります。

もちろん、会計事務所では税務関係の仕事をすることは普通にありますけどやはり「会計士=税金に詳しい」という風に思われるんですよね。

実際は、税金科目に疎い人なんていっぱいいるんですけどね(自分も含めて)・・。

なので、国税庁とか税務署みたいに脱税の調査とかにも関係していると思われているみたいです。

まあ、そもそも監査法人というネーミングからして国とか自治体の組織みたいな名前なので民間企業ということをしていない人が98%ぐらいではないでしょうか(笑)

こっちは捜査権などもなく、むしろクライアントよりも低姿勢で業務にあたってるんですがね(笑)

上記のように、監査法人に勤めていた頃は初めて会う人とか自分の仕事のことを言うときは「監査法人」なんていいませんからね。

まず、「会計事務所に勤めてます」ですよね。

監査法人勤務の会計士としては、結構あるあるなのではないでしょうか。

会計士の認知度に関する自分の所見

以上のように、会計士の認知度が医者や弁護士とかに比べて死ぬほど低いのは会計士のみなさん自信が認識していることだと思いますので所見を述べたところで「そんなもんわかとるわ!」という感じですよね。

なので、所見というよりかはもっと会計士という仕事の存在が世の中に知れ渡って欲しいという程度のことを願ってるぐらいです。

医者や弁護士を扱ったドラマなどは本当に多いのに、会計士のドラマというとまともなのはNHKで昔にやった「監査法人」というやつぐらいしかない(これ、ホントに好きです)。

まあ、医者や弁護士は手術とか法廷とかでドラマで画になるような見せ場があるんですけど会計士の場合はと言われると見せ場があんまりないのでが事実なのでしょうがない気も・・。

せいぜい、監査報告会で大きな動きを見せるぐらいでしょうかね(笑)

まあ、こんな事を言ってますけど個人を相手にする仕事ではないので認知度が低いのは当たり前ですよね。

あと、個人的には陰に隠れた「謎で黒子な存在」というような感じになっているのもそれはそれでかっこいい感じがしていいかなと(笑)

以上!

USCPA合格者数No.1
無料資料請求はWEB版ならすぐに閲覧可能!
USCPAを目指すならアビタス。
USCPA合格者数No.1はアビタス
WEBパンフレットならすぐに閲覧可!
無料資料請求する