「会計士資格にさらに強みを持たせて差別化を図るためには何ができるだろうか?」

会計士というだけでも十分に市場価値は高いのですが、さらに会計士プラスアルファなスキルを持つとほぼ仕事に困らなくなります。

今回は、プラスアルファな金融資格である証券アナリストの取得メリットについて紹介していきます。

日本の会計士、USCPA、そして会計士になろうかと漠然と考えている人におススメです。

金融資格!証券アナリストとはどういう資格なのか?

証券アナリストの主な業務は、金融市場や財務分野において分析をしたり助言をすることです。

多くの人は、金融機関などで株式や債券のリサーチアナリストに従事することになりますが金融や投資の知識を持つので直接アナリスト業務をしなくとも金融や財務関連の仕事をする際に非常に有益です。

銀行・証券・保険などの金融分野だけでなく投資ファンドやPEファンド、事業会社の財務関連部門やIR部門などで需要があります。

監査法人などの会計分野でも金融知識が必要になることが多いため、プラスアルファの資格として密かに人気も高いです。

試験は毎年1次試験が春と秋の2回になっており、2次試験が夏の1回で構成されているので完全合格までは2年必要です。

とはいえ、2年みっちりと勉強しなければいけないかといえばそうでもなく会計士試験やUSCPAに比べるとかなり取り組みやすいというのが自分が受験した感想です。

試験内容としては証券分析、市場分析、企業分析が主になるので受験勉強をすることで金融知識はかなり身に付きます。

「高難度ではないが簡単でもない試験」で企業からの評価はまあまあ高い資格という位置づけですね。

会計士が金融資格の証券アナリストを取得する最大のメリット

さあ、公認会計士が証券アナリストを取得するメリットとして一番大きなことはなんでしょう?

それは、「専門分野に強い会計士であるという証明ができる」ということです。

監査法人などの会計分野に従事している人は当然会計の知識は豊富ですが、金融分野には疎かったりする人も多いです。

監査法人の金融部や金融関連のクライアントを担当しているなら当然詳しい知識は保有していますが、そうでない人たちにとっては証券アナリストを取得することによって業務上必要な金融知識を体系的に身につけることができたりします。

また、金融部への転身を希望している人たちにとっては大きなアピール材料にもなりますし金融分野に強い会計士は社内でもかなり需要があり社内失業を防げたりします。

監査をしている人たちは特に、金融機関の監査というのは勘定科目も含めてかなり特殊なので資格取得によって身につけた金融知識は馬鹿にできなかったりします。

また、日本の会計士試験やUSCPAの勉強をしてきた人にとってはプラスαで仕事しながら取得するのにも丁度いい難易度の試験なので取り組むモチベーションは高いでしょう。

忙しい合間を縫って合格できる試験でもあるので、挫折しにくいという側面もあります。

また、余談ですが会計士だけでなくとも事業会社などで経理や財務職に従事している人も得意分野ができるので希少価値は高くなるでしょうね~。

会計士としてだけでなく、他業種へ転職する際も鬼に金棒になる

上記では、主に社内での自分の価値向上について言及しましたが転職をする際にはかなり重要なメリットになります。

会計士は業界内での移籍や転職が結構あったりするので、同じBig4の中で転職をすることもありますし中堅の監査法人に移ったりする人も多いです。

現在の職場では事業会社にアサインされていたが、気分を変えて別の監査法人のさらに花形部署である金融部で監査をしたいなということで転職をする人もまあまあいますね。

もちろん、「監査→アドバイザリー」というキャリアを選ぶ人もかなりいるのでそういう意味では金融資格ではトップクラスに位置する証券アナリスト(CMA)を取得して、金融知識を体系的に身につけて転職をするとアドバイザリーの仕事を吸収する速度が速くなったりするようです。

また、FASやTASなどでは応募要件として「証券アナリスト資格保有者」を優遇しているところもあるので採用段階と転職後の2段階で取得しておいて損はない資格とも言えます。

さらに、監査法人関連ではない銀行や証券会社などでも当然ながら会計の事しか詳しくない頭でっかちな人よりも金融の素養があると思われる人材を求める傾向があるようです。

会計士として忙しく働いていると、日々の自分が担当する調書作成に追われてなかなか周辺知識を勉強することが少なくなってしまって転職するときに他の会計士と差別化が図りにくくなってしまうこともあるので金融に強いというのは相当な強みになるんですよね。

会計と金融の勉強をすることによってお互いに相乗効果になる

会計と金融は分野として表裏一体というのは結構言われていることで、それぞれの分野を勉強することによって相乗効果が生まれるというメリットも感じました。

金融的な見方をすると、会計の知識が多い方が財務諸表の勘定科目などの理解が深まるので融資マンや審査マンが与信判断をしやすくなったりしますね。

会計的な見方では、金融知識がある方が金融商品の会計処理についてよりスムーズな理解ができてより調書作成に自信が持てたりといった面もあります。

だからこそ、金融機関では会計士の転職者を積極的に受け入れているわけなんですよね。

監査法人でも銀行出身者はちらほらといたりするので、お互いの知識がそれぞれクロス的に評価されるという相乗効果もあると言えます。

証券アナリストを取得したからといって年収が即アップするわけではない

ただ、ここまで証券アナリストは社内でのキャリアアップとしても転職にもプラスに働くということを言いましたが年収アップに即つながるかというとこれは疑問符がつきます。

というのも、この資格は金融資格としてはかなり難易度が高いほうですけどそれでも会計士やUSCPAに比べると取得もしやすく働きながらでも十分いけるので資格自体で高収入な仕事が待っているというほどでもないからです。

もちろん、外資系の投資銀行などに転職したら一気に年収が跳ね上がりますがそれは資格があるからではなくそういう業界だからです。

大手コンサルやその他金融機関などでも同様に、証券アナリストを持っている人とそうでない人で転職時の年収が異なるということはほとんど聞いたことがないですからね~。

なので、転職なら高収入になるという有利さではなく採用のプラス材料にはなるという話です。

市場価値が高くなることを実感できた話

採用のプラス材料に十分なったという話では、自分もこの試験に合格して大手監査法人に転職活動をした際に本来エージェント経由では募集してなかった金融部の面接にありつけることができたので経験から実感しています。

面接では特にこの資格について話すことはなかったのですが、少なくとも有利な入り口には立ったのではないかというところです。

ちなみに、私の場合は1次試験だけに合格して当時の監査法人から転職活動をしたので完全合格ではなくともなかなか旨味はあったのではないでしょうか。

何より、自分にとっておろそかになっていた金融の勉強を改めてできたという意味では会計士プラスアルファになったとは思っていますので自信にはなりましたね(結局、1次試験合格だけして放置になりましたが・・・)。

証券アナリストは自分のように監査法人で働きながらでも十分に合格できる資格でもあるので、単体で取得するよりも会計士にとってはかなり丁度いい資格であると実感しています。

【スポンサードリンク】