今回は、監査法人で必要な英語力と会計士が転職活動で市場価値を爆上げさせるための英語の勉強について語っています。

なので、監査法人への入所を考えている人や現在監査法人に勤務中の人の両方が対象です。

公認会計士が英語を修得することは圧倒的な必要性とメリットがあります。

会計士と英語力って、他のスキルの合わせ技よりも数段シナジー効果が得られる合わせ技なんですよね。

今回は、USCPAで監査法人在籍中に英語を使った業務にどっぷり漬かっていた自分が「会計士と英語」というテーマでひたすら語ります。

国際化が叫ばれているが、英語ができる会計士はなかなかいない

これは何も会計士だけに限った話ではないのですが、日本の場合グローバル化を謳っているわりには日本人全体の英語力があまり高くない。

というよりも、一生国としての底上げは期待できないんじゃないかと思っています。

一部の企業では社内の公用語を英語にするということで話題になりましたが他の追随する企業があまりない。

かくいう自分が最初にいた監査法人でも、なるべく普段の会話を英語にしようという試みも行われてましたがなかなか浸透せず・・。

英会話スクールや、オンライン英会話など日本の英語向上に対する意識は世界の中でも相当高いと思うのですがその割には英語を会話としてちゃんとできる人が少なく英文資料をしっかりと理解できる会計士もまだまだ少ないというのが現状。

ただ、逆に日本では英語の浸透がまだまだだからこそ英語力がある会計士がものすごく引っ張りだこになるという現象が起こります。

USCPAで英語力抜群の人の方が転職価値が高くなる場面も

大手や中堅どころの監査法人は、ほぼすべてが海外のアカウンティングファームと提携しているのでリファードワークや海外の提携事務所とメールや電話なりで連絡がとれる人材が必須となってきます。

中小の監査法人でも、まずどこかしらのファームと提携して国際業務をやっているので監査法人側としても英語力ということに関しては向上を進めているのですが中々やはりそこは「個人の努力」というのが頼みの綱になってしまいます。

英語力を活用して、海外絡みの業務を遂行しているのは留学生採用で入所した人やUSCPAで英語力の高い人材で作られたチームが中心となっているのが現状です。

そのため、監査法人でやっていく分にはそういう人たちに国際業務は任せておいていいと思うのですがいざ転職となると「英語力が高い方が絶対にいい!」という現実があります。

もちろん、監査法人で数年以上の経験を積んでいるだけで会計士なので需要は他の職種に比べて山ほどあるのですが英語力がつくと年収の大幅アップにつながったりするんですよね。

プラスアルファのスキルを探しているなら絶対に英語力!

「監査法人で長く働いているけど、会計士資格以外に付加価値のあるスキルを勉強するとしたら何がいいかな~?」

そういう風に考えている会計士の方々には、是非とも「断然英語!」と声を大にして言いたいです。

これは、国際部だろうと金融部だろうと普通の監査~部だろうと同じことです。

「会計+英語力」というのが最強の組み合わせになってきます。

もちろん、会計士以外の職種、例え営業の仕事をしている人が英語力を上げることも大きなプラスですが会計士ほど英語との相乗効果が高いスキルはないですね。

転職市場で英語力があると応募できる、または応募して優遇される求人がかなりあります。

会計士で監査なりアドバイザリー経験がある人は山ほどいますけどそれが英語で業務遂行なり文書作成や読解がしっかりとできる人というのは一握りだったりします。

USCPAの場合は、英語力がある程度ある人が多いのですがこれが日本の会計士試験を受かった純正の会計士が英語力を持つとさらにすごいんですよね。

豊富な会計知識に加えて英語となると、職に困らないどころか色んな応募先での年収大幅アップが見込まれるわけですよね。

それは必然的に、応募できる求人案件にも外資系の事業会社や金融機関などが含まれることにもなります。

それに、FASやTASなどに異動するのも英語力を求められる場合もあるでしょうし。

かの有名な最強コンサルタントの大前研一さんも「ビジネスマンに必須なのは英語・会計・ITスキル」と言っていました(10年以上前の話ですが)。

会計士で英語ができる人材というのは、上の大前さんの条件に2つ合致していることになりますね。

会計知識だけが豊富では、今後は危ないか?

リーマンショック以降、しばらくの間は監査法人は冬の時代を迎えていました。

それは一般の事業会社もそうですが、J-SOX需要を見込んで前年に大量採用をしすぎた影響もあり法人内ではかなり人が余ってアサインが全然ない人も多かったと聞きます。

その中でも、国際業務や金融部などは常に忙しいということも聞いていたので会計知識一筋なだけでは危ないなと感じたことがありました。

監査法人も、ビッグ4はますます海外との連携をとることが増えていくことが予想されます。

クライアントがグローバルに進出するところが増えていく以上、徴求した資料が英語というケースも増えていくんじゃないでしょうか。

英会話学校やオンライン英会話などを利用している同僚も結構いたりしたので、会計士たちの意識はやはり英語に向かっていくべきなのではないかと。

会計士が転職をするために必要不可欠な英語スキルを勉強するには?

会計士が転職市場価値を上げるために必要な英語の勉強は2つです。

それは、「英語力の証明」と「使える英語力の修得」です。

「英語力の証明」とは、いってしまえばTOEICなどで「英語ができますよ!」と対外的に証明することです。

企業側としては、日本の大学を卒業して監査法人の国内部門でやってきた人が英語力をアピールするためにはTOEICなどの点数を突きつけるのが一番手っ取り早いです。

留学していたり、監査法人で国際業務をやってきた人なら履歴書にそう書けば英語力がある人だとわかりますがそうでない人は周りに証明する手段がありません。

転職した後に英語を使える自信があっても、まずは採用されないと意味がないですから点数という実績で周りに証明することが不可欠となります。

そして2つ目は「転職してから使える英語力の修得」です。

これは、TOEICなどの点数アピールとは別に転職してから実際に英語で業務を遂行するために必要な英語力ということです。

といっても、転職先でどういうタイプの英語の使い方をするのかは実際に入ってみないとわからない部分もあるのであまり細かく分野を絞る必要はありません。

ただ、英語力を評価する企業では少なからず日常会話レベルはできている必要があるのでメールや簡単な対面での会話などができていると転職先でスムーズに馴染みやすいです。

その上で、転職してから自分の必要な業務領域の英語をブラッシュアップしていけばいいのです。

会計士が英語力を武器に転職する場合、大抵は外資系企業や監査法人系のアドバイザリーだったりコンサルティングファームや投資銀行などでしょう。

そのため、必要なスキルは共通していてメールで英文を作れる能力や英文の資料を読める能力、そして簡単な日常会話力などです。

で、そういった英語力を磨くのは実はTOEICの勉強をすることが大変役に立ちます。

TOEICって、試験問題自体がビジネスで日常的に使う場面を想定していますからメールや英文資料、社内コミュニケーションに関する出題がほとんどです。

もちろん、会話のテストはTOEICにはないので会話の練習自体は別途磨く必要はあります。

いずれにせよ、TOEICの点数向上を目的にすれば英語力の証明と使える英語スキルは向上するので忙しい時間をやりくりして一日15分や30分でも勉強することで会計士の中でも他の人に差をつけて大きなキャリアアップになります。

最近なら、TOEICテスト用や日常会話用のアプリなどで15分~30分の隙間時間でいくらでも英語力を磨くことができるのでやらないのは逆にもったいないとも言えますね。

さて、ここまでは転職市場においての英語について言及しましたが監査法人内での英語の必要性はどうでしょうか?

監査法人勤務で必要となる英語について具体的な場面を挙げてみます。

英語の総合力が求められるリファードワーク!

リファードワークを簡単に言うと、本社が海外にあってその支店や支社が日本にあってその日本支社の監査をする業務です。

外資系企業の日本法人の監査を担当するということですね。

今や外資企業が日本に子会社を置いてサービスを展開しているのは珍しくもなんともないので色んな監査法人で数多くのリファードワークが進行しているでしょう。

で、本社がアメリカとかロンドンとか海外なのでその場合は海外本社の監査を担当している法人から「こういう監査手続きをやってね~、今回はこれはなしでいいよ~」みたいな指示が文書で送られてきます。

我々は、その手続きの指示に従って日本支社にお邪魔して監査をするわけです。

で、当然海外からの指示なので指示書は英語。

さらに、調書作成も英文で行い監査結果の報告や本社の監査人とのやりとりなどはメール。

リファードワークでは、電話などで直接本社の監査人と話すことはないけどそれでもたまにはあるといった具合。

なので、英文読解力、文書作成、さらには必要に応じて会話する能力も求められます。

ちなみに、本社の監査を担当している法人は「グループ監査人」で子会社の監査を担当している法人は「構成単位の監査人」ということになります。

本社の監査人が各国の子会社を担当している法人に対して指示をするのでリファードワークにおいてはそれに忠実に従って手続きを行えば問題なし。

リファードワークにアサインしてもらえば、嫌でも会計周りの英語力が身に付きますね~。

クライアントの本社が日本、子会社が海外の場合!

このケースは上記の逆です。

日本の本社の監査を担当している場合は、各海外支店や支社の監査人に対して監査指示をする側になります。

リファードワークは、自分たちが「構成単位の監査人」であるのに対してこの場合は自分たちが「グループ監査人」です。

たぶん、こっちの方がプレッシャーは相当かかるでしょうね(実際にかかりましたよ・・)。

例えば、大手商社なんかは海外に営業所や支社を置いているので、ニューヨーク、バーレーン、タイ、ロンドン、香港などとにかく色んな海外子会社の監査人にほぼ一斉に監査指示書をメール添付とかで送信することになります。

「こういう監査手続きをして欲しい」というのを、今度はこっち側が英文で各国の情勢に合わせてマイナーチェンジしながら英文をアレンジしていったりするのでちょっとした語彙のニュアンスだったりで相当気を遣います。

この監査指示書はかなりのボリュームになるので、これを作成するだけでも結構な時間がかかります。

英語が母国語でない自分たち日本人が、英語を母国語としている人たちに英文で指示をするわけですよ。

意味が通じればいいっていうレベルではとても送信できないです。

しっかりとビジネス文書になっていないといけないので、かなり上司からの厳しい英文チェックが入ったりします。

なので、この業務をやるとビジネス英語・会計英語の細かいところまで相当レベルアップすることになります。

海外の提携ファームからパートナーやスタッフが来る場合!

上記でリファードワークについて簡単に解説しましたが、本社の監査を担当している「グループ監査人」のメンバーが日本にやってきて我々と同じ部屋でコミュニケーションをとりながら監査業務をする場合もあります。

日本の支社などが、「重要拠点」とみなされたりすると「心配だから俺たちもそっち行って一緒にやるよ!」ってな感じでグループ監査人がスタッフを送り込んできたりします。

で、この場合は香港とかアメリカの人たちと一緒に監査調書を作成することになるので担当科目の割り振りなどをはじめとしてガッツリと英会話でコミュニケーションをとることになります。

こういうケースは、上記に比べると少ないですけどこういった業務にアサインされると・・・ボロボロになりながら嫌でも英会話能力が身についていきますよ(笑)

英語ができる会計士は強いと何度も言ってますけど、さらに「英会話」が強い人はもっと転職市場ではウハウハ状態になります。

海外でもサービスを提供している日本企業は資料がガンガン英語!

英語を使う主な場面は上記3つですが、国際部とか金融部とかじゃなくてもグローバルにサービスを提供している日本企業の監査を担当していると嫌でも読みこなすべき資料が英文だったりすることも頻繁にあります。

まあ、こういった場合は読解能力さえあればOKなので比較的高学歴な会計士の人たちはなんとかやっているという感じです。

なので、会計士として業務で使える英語を使いたいもしくは向上させたいのであれば少なからず海外が絡んでいる会社の担当にアサインされるように上の人にお願いするのもアリです!

監査法人内で生き残る or ポジションを爆上げするための英語の勉強とは?

さて、前半では監査法人から卒業して転職市場で評価されるための英語について言及しました。

逆に、「これから監査法人への入所を検討している人」や「すでに監査法人内で仕事の幅を広げたいと思っている会計士」が英語を勉強するにはどうしたらいいでしょうか?

監査法人勤務者のための英語力という事で言えば、「会計英語を中心とした資料読解や英文作成能力」を磨くことをおすすめします。

実際に自分が監査法人で働いていた時は、クライアントからもらう資料が英文ということも結構ありましたしメールで海外の提携ファームとやりとりをすることも多かったのでこの辺の英語スキルを中心に勉強するのが良いでしょう。

もし、Cost of Goods Soldの意味が分からない人はすぐにでも学習を始めましょう(ちなみに、売上原価のことです)。

もちろん、前半でおすすめしたTOEICの勉強もアリですが監査法人で必要となる分野の英語力がはっきりしているのであればそれに注力した方が社内でのポジション強化に直結します。

例えば、国際部に異動したいのであれば海外とメールでやりとりする英文作成能力やスターフィッシュを使って電話会議で使いそうな英語のフレーズを学習しておくのが良いですね。

また、金融部であれば分析資料が英文であることが多いので金融や会計用語をしっかりと読めるようになるための勉強がおすすめです。

日々の短い時間の英語学習でも、積み重なれば社内で必要な英語力というのは確実に身につきますので分野を絞って隙間時間を使って練習することが大事です。