会計士のキャリア・転職

転職エージェントは本当に役に立つのか?「専門職ならよりメリット沢山!」

転職活動をする際に、普通に求人誌やネットの求人に応募するというのは相当損をしていると言わざるを得ないです!

ましてや、事務職などのホワイトカラーな仕事はまず転職エージェントの存在を知らないとそれだけで「知らないことが損」という状態になってしまいますね。

会計士なんか特に、エージェントを通さないで転職活動をすることなんて皆無なんですよ。

ここでは、本当にメリットだけなのか?

デメリットはないのか?

転職エージェントを利用してきた自分が経験談ベースでお話したいと思います。

転職エージェントを利用すると在職中の転職活動が事務的に楽

転職エージェントというと、「一部の選ばれたエリートの人しか利用できないんじゃないか?」

なんていう考えが一瞬よぎりそうですけど、最近では転職エージェントというのは一般化しています。

というよりも、「転職活動=エージェント」というような感じが自分としてはしています。

「エージェント=スカウト」と思ってしまう人もいるみたいですが、同じ横文字なだけで全く違いますね(笑)

スカウトは、確かに普通に仕事していてされることってなかなかないですけど転職エージェントを転職活動で利用するということは「ただ知らないと損!」というぐらいのレベルです。

エージェントがスカウトを行うというイメージが昔はあったのですが、今や転職エージェントと言えば単純に企業と応募者を仲介して面倒な事務処理などを簡素化してくれるだけの存在。

洋画であるようなスカウトみたいな光景は、エージェントにはないです(笑)

でこの転職エージェントさん、色んな企業がエージェントとして活動しているのですが何をしてくれるのでしょうか?

そういえば、エージェントを利用するのに有料かと思ってる人も中にはいるかもしれませんね。

でも、無料なんです!

「え?慈善事業?」

いや、エージェントさんも儲かってますよ。

それは、企業側から報酬をもらっているからなんです。

企業から「こういう人材を紹介して欲しい」と依頼を受けて転職エージェントは我々応募者を集めているわけですからユーザーであるこっち側からしたら完全に無料。

ユーザー目線では、金銭が一切発生しないので完全にオイシイ。

これが、利用しないともったいないと言われるゆえんの一つでもあります。

そして大きいのが事務処理。

企業への履歴書の送付とか、企業との面接の希望日のすり合わせとか、内定が決まったあとの事後処理とかとにかく自分一人で転職活動をしていると応募している企業分履歴書とかを送付しなければいけなかったりするのでこの手間が省けてホント楽!

また、面接以外で企業と直接話すこともないので緊張もしない!

エージェントの人が、全部事務処理や調整事などは仲介してくれてこちらの意向や企業側の意向を伝言ゲームのように挟まって処理してくれるんです。

仕事でも、間に挟まって色々と苦労することってあるでしょう?

それを他人にやってもらうのが・・・・どれだけ楽か・・・・!

エージェントは企業とつながりがあるので、書類選考突破率が多少高め

とにかく、時間的な効率から考えてもエージェントを使わないことが損だということは圧倒的に間違いないわけですけどそれだけじゃないんですよね。

事務処理プラスアルファのことをしてくれるエージェントさんもいるんですよ。

通常、エージェント経由で求人に応募するときは履歴書と職務経歴書の2つをこちら側は提出するだけなんですけどエージェントによっては秘密の書類を企業側に提出してくれるところもあるんですよ。

もちろんエージェントによって推薦文だったり一言添えてたりと様々ですがエージェントも応募者が内定ということになればその成果報酬を企業からもらえるわけですからね。

ユーザー側と、エージェントはwin-winな関係ってやつですね。

エージェント経由でしか募集していない案件は山のようにある

それに、応募したいポジションについてその企業のウェブサイトを見ても全く中途採用などの募集がされてないケースも多いですが実際には転職エージェントに全面的に任せているというところも多いです。

まあ、企業側の採用担当はいたりしますが面接だけをするわけではないのでエージェントを利用することによって間接コストが下がって便利ということなんでしょう。

なので、企業のサイトで募集ポジションがなくても一旦エージェントの案件を探してみてそれらしいものがあったらちょっとそのエージェントに相談してみるという使い方もよいでしょう。

で最後、会計士や弁護士などの場合は転職先で使えるスキルの幅が広いのでエージェントに登録するとかなりの案件を紹介されることになります。

自分が思いもよらない企業だったり、もちろん最初っから「これ!」と自分が興味ある企業が固まっていれば別ですがエージェントに紹介してもらって、自分が思ってもみない業務をやることになって新しい世界を見る人も結構いるようです。

転職エージェントのオフィスは、基本とてもスタイリッシュで綺麗なところが多いので安心してキャリアアドバイザーにまずは相談できます。

正直、デメリットは・・・見つからないですね(笑)

それだけ自分は「転職=エージェント」という脳みそになってしまっています。

以上!

会計士の転職支援サービス(無料)は以下の公式サイトから確認できます。
マイナビ会計士。まずはWEB無料登録

USCPA合格者数No.1
無料資料請求はWEB版ならすぐに閲覧可能!
USCPAを目指すならアビタス。
USCPA合格者数No.1はアビタス
WEBパンフレットならすぐに閲覧可!
無料資料請求する