会計士の転職・キャリアアップの読みもの

公認会計士とUSCPAの情報サイト

「会計士のキャリアパス」の記事一覧

会計士になったら財務分析のプロになれると思っていた?実際は銀行や格付け会社の方が分析力はすごいよ

会計士は会計のプロ、だから財務諸表を分析してその会社の善し悪しを判断するのもお手のもの。 そういうことを考えて監査法人に転職してきた人もいるかもしれません。 でも、実際は自分も実感したことですけど会社の分析スキルが身につ […]

なぜ会計士は監査法人から転職していくのか?よくある共通の理由

会計士試験合格者の9割以上が監査法人にまず就職しますが、結構この業界は流動性が高く数年ほどで最初に就職した監査法人から巣立って転職していきます。 そこには、前向きな理由と後ろ向きな理由があります。 大体、転職理由は共通し […]

大手監査法人から中堅監査法人への転職。メリットは複数あるよ

みんな、監査法人だけじゃなくて通常の会社でも中小よりも大手がいいですか? 確かに、大手の方がブランド力と日本を動かしている満足感に浸れます。 しかし・・・今回は大手監査法人からマネージャーとして中堅監査法人へ転職してわず […]

監査法人から事業会社への転職はキャリアアップになるのかどうか考察

自分のサラリーマンとしてしてのキャリアは、金融関係と監査法人しかありませんでした。 そのため、お金以外のサービスを提供する純粋な事業会社で働いたことがないのがちょっとだけ心残りと言えます。 今回は、監査法人から事業会社へ […]

監査法人から事業会社へ転職すると年収ダウン!?それでも行くメリットとは?

監査法人で働いていると、普通の事業会社の経理や財務部門に転職したくなることがすごくあったりします。 その場合、監査法人は結構給料は良い方なので転職することによって年収が100万円ほどさがるケースもあります。 でもそれでも […]

2年目からインチャージ!?中堅監査法人に就職・転職するメリットとデメリット

難関の会計士試験に合格すると、日本では8割以上の人が大手監査法人(Big4)に就職をしていきます。 その一方で、あえて総人員数100人以下の中堅監査法人を選ぶ人もいるのです。 今回は、中堅監査法人時代に自分が感じたメリッ […]

中堅監査法人からBig4のアドバイザリーに転職した元同僚の話

今回は、中堅監査法人時代の元同僚の人がビッグ4のアドバイザリーに転職した話をします。 一緒に働いていた時は結構仲が良かった方なので、具体的な話とかサシ飲みしてる時によく聞いてましたね(笑) さて、改めてBig4のアドバイ […]

転職を将来的に考えているなら監査法人にいるときに意識しておいた方がいい事

監査法人に入って、J1から常に考えながら仕事をしてきた人は転職においてものすごく分厚いアドバンテージを持つことになります。 意外と、監査法人から他業界へのステップアップを考えていてもいざ監査業務の波に飲み込まれると日々の […]

監査法人を辞めて転職するタイミングは5年経ったぐらいが丁度いい理由

監査法人に勤めて、一番脂が乗っている(市場価値が高い)のはどのくらいの時期なのでしょうか? 個人的には、大体5年ぐらい監査経験をしてから転職するのが一番ベストオブベストなタイミングだと思っています。 今回は、監査法人での […]

この3つがあれば転職で引く手あまたな会計士。「英語」「金融知識」「インチャージ経験」

難関資格の会計士というだけで、転職市場価値は十分高いのですがそれでもプラスアルファのスキルがあると年収アップを転職先でゴリゴリに交渉できるぐらい最強になれます。 それが、英語と金融知識にインチャージ経験。 今回は、この会 […]