会計士の転職・キャリアアップの読みもの

公認会計士とUSCPAの情報サイト

「会計士のキャリア・転職」の記事一覧

会計士が証券アナリストの資格を取得する3つのメリット。金融に強くなる!

「会計士資格にさらに強みを持たせて差別化を図るためには何ができるだろうか?」 会計士というだけでも十分に市場価値は高いのですが、さらに会計士プラスアルファなスキルを持つとほぼ仕事に困らなくなります。 今回は、プラスアルフ […]

会計士になったら財務分析のプロになれると思っていた?実際は銀行や格付け会社の方が分析力はすごいよ

会計士は会計のプロ、だから財務諸表を分析してその会社の善し悪しを判断するのもお手のもの。 そういうことを考えて監査法人に転職してきた人もいるかもしれません。 でも、実際は自分も実感したことですけど会社の分析スキルが身につ […]

なぜ会計士は監査法人から転職していくのか?よくある共通の理由

会計士試験合格者の9割以上が監査法人にまず就職しますが、結構この業界は流動性が高く数年ほどで最初に就職した監査法人から巣立って転職していきます。 そこには、前向きな理由と後ろ向きな理由があります。 大体、転職理由は共通し […]

大手監査法人から中堅監査法人への転職。メリットは複数あるよ

みんな、監査法人だけじゃなくて通常の会社でも中小よりも大手がいいですか? 確かに、大手の方がブランド力と日本を動かしている満足感に浸れます。 しかし・・・今回は大手監査法人からマネージャーとして中堅監査法人へ転職してわず […]

監査法人から事業会社への転職はキャリアアップになるのかどうか考察

自分のサラリーマンとしてしてのキャリアは、金融関係と監査法人しかありませんでした。 そのため、お金以外のサービスを提供する純粋な事業会社で働いたことがないのがちょっとだけ心残りと言えます。 今回は、監査法人から事業会社へ […]

公認内部監査人の難易度と転職での評価。「内部監査部門での需要は大きい」

かなりマイナーな資格ですが、公認内部監査人というまさに内部監査部門で働いている人もしくは内部監査の仕事をしたい人向けの資格があります。 公認会計士にプラスアルファな感じで取得するという位置づけではありますが、やはりマイナ […]

監査法人から事業会社へ転職すると年収ダウン!?それでも行くメリットとは?

監査法人で働いていると、普通の事業会社の経理や財務部門に転職したくなることがすごくあったりします。 その場合、監査法人は結構給料は良い方なので転職することによって年収が100万円ほどさがるケースもあります。 でもそれでも […]

会計士・経理の転職サイトはココがおすすめ!エージェント比較ランキング

今回は、会計士や経理など管理系の仕事に特化している転職サイト・エージェントで自分が登録して利用したものについて感想を書いていきます(一応ランキングもつけます)。 今や、個人的にはエージェントを利用しないで転職活動をするな […]

2年目からインチャージ!?中堅監査法人に就職・転職するメリットとデメリット

難関の会計士試験に合格すると、日本では8割以上の人が大手監査法人(Big4)に就職をしていきます。 その一方で、あえて総人員数100人以下の中堅監査法人を選ぶ人もいるのです。 今回は、中堅監査法人時代に自分が感じたメリッ […]

公認会計士が「プラスα」で合わせて取得すると良い資格5つ!

難関国家資格である公認会計士として働いている時点ですでに転職市場などでの価値は高いのですが会計士にも色々と得意分野があります。 金融に強かったり、情報システムに強かったりはたまた不動産業界の監査ばかりをしていたり。 そん […]